企業兼大株主日本郵政東証1部:6178】「サービス業 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 順位
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 企業配信情報
  • 就職・採用情報

企業概要

 当社グループでは、当連結会計年度において、郵便局施設・設備の改修、業務基幹系システムの刷新等、お客さまサービスと業務効率化に資する経営基盤強化のための投資を行いました。

 当連結会計年度における設備投資(固定資産受入ベース数値)の内訳は、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額
(百万円)

摘要

郵便・物流事業

169,983

郵便局施設・設備の改修(59,941百万円)、郵便・物流ネットワーク再編(33,997百万円)、次世代郵便情報システムの構築(21,311百万円)等

国際物流事業

24,925

ロジスティクス施設(トールシティ)(1,297百万円)、物流関連施設(1,037百万円)、ソフトウェア関連(1,392百万円)等

金融窓口事業

78,715

郵便局施設・設備の改修(8,306百万円)、JPタワー名古屋の新築工事(21,734百万円)、現金自動入出金機の配備(18,043百万円)等

銀行業

36,609

ゆうちょ総合情報(5次)システムに係る開発(16,873百万円)等

生命保険業

82,136

かんぽ総合情報システムの更改に関する機器及びソフトウエア(25,093百万円)等

その他

45,471

大手町再開発ビルの権利取得(21,606百万円)等

437,841

 

消去又は全社

△701

 

合計

437,139

 

(注) 1.上記の金額には消費税及び地方消費税を含んでおりません。

2.所要資金については、自己資金で充当しております。

3.設備投資には、無形固定資産の取得に係る投資を含んでおります。

 なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

企業をしらべれば人生が変わる! -就活やビジネスを成功に導くユーレット活用術-
スポンサードリンク
検索