企業三浦工業東証1部:6005】「機械 twitterでつぶやくへ投稿

  • 早わかり
  • 主な指標
  • 決算書
  • 株価
  • 企業概要
  • 企業配信情報
  • ニュース
  • ブログ
  • 大株主
  • 役員
  • EDINET
  • 順位
  • 就職・採用情報

企業概要

 当社グループは、貫流ボイラを中心に他に先駆ける独自の新技術の研究開発に努めるとともに、ボイラ以外の分野では、熱エネルギー利用技術、水処理技術、真空技術をベースとして、蒸気駆動エアコンプレッサ、過冷却水装置、真空冷却装置、滅菌装置、医療用洗浄・乾燥装置、バラスト水処理装置、軟水装置、純水装置、ろ過装置、燃料電池、ランドリー機器などの新製品開発に取組んでおります。

 これらの研究開発活動は、当社のRDセンターを中核として行っており、新技術の実用化、製品化に向けた研究開発を進めております。RDセンターでは、新規事業のための応用研究開発や長期的な研究課題に取組み、三浦環境科学研究所では、ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニル(PCB)をはじめとする特殊環境有害物質の分析前処理装置などの環境関連技術の研究開発を行っております。

 なお、研究開発に当たっては、省エネルギーや省資源、高性能、安全性の追求に加え、環境問題に配慮した新製品開発に力を入れております。

 当連結会計年度の研究開発費の総額は、3,165百万円であります。

 当連結会計年度の主な研究開発の概要、成果及び研究開発費は、以下のとおりであります。

(1) 国内機器販売事業

 貫流ボイラでは、新たな容量の水素焚き簡易ボイラSU-250-H2を開発しました。水素焚きボイラSI-2000-H2が技術・省エネ性を評価され、一般社団法人日本機械工業連合会主催優秀省エネ機器・システム表彰「日本機械工業連合会会長賞」・一般財団法人新エネルギー財団主催新エネ大賞「新エネルギー財団会長賞」をダブル受賞しました。今後、CO2フリー社会への取組みが加速していくなか、ボイラも水素エネルギーの活用を推進していきます。

 燃料電池では、コージェネレーションモデルのモデルチェンジを実施し、さらに発電効率65%のモノジェネレーションモデルについてもお客様先での実証に取組んでおります。

 熱エネルギー有効活用機器では、これまで捨てられていた低温の廃温水や循環冷却水の未利用熱を自社開発の高効率ヒートポンプで汲み上げ、ボイラ給水を加温する装置の開発やラインナップ拡充、さらに幅広い分野での活エネルギーに貢献できるよう、廃ガスボイラの大型化・高効率化等に取組んでおります。

 舶用機器においては、多様な燃料油に対応したボイラや省エネ船舶の普及に利用できる省エネタイプ膜式造水装置の商品化を行いました。バラスト水処理装置については、2019年に取得したUSCG(米国沿岸警備隊)型式認証モデルに加えて、35%省エネモデルを2020年5月に認証取得しております。さらに、海洋汚染が世界的に問題となっているマイクロプラスチックについてもバラスト水処理装置を組み合わせたシステム回収・調査を開始しました。

 メディカル機器では、オゾンと過酸化水素の混合ガスを用いた新しい酸化促進技術を利用した滅菌器を開発しました。産業用では販売を開始し、医療用としても医療機器の承認申請を実施しました。滅菌用途以外の効果についても東北大学・徳島大学等と共同研究中です。

 食品機械では、2025年の冷媒規制対応として、GWP1500以下の冷媒を用いた冷水装置の開発に着手しました。また、食品工場では省人・省力化を目的に自動化が進んでおりますので、その対応範囲を拡げるべく、前後装置であるマテハンを含めたレトルト殺菌機の半自動ライン・全自動ラインの対応開発を進めております。

 水処理装置関連においては、微生物の働きで地下水中のアンモニア性窒素を安定除去できる生物ろ過装置を開発しました。また、冷却水系や膜ろ過装置で生じる生物障害の抑制技術開発や水質監視装置開発に取組み、水リサイクル・節水や設備の省力運転を推進しています。

 当事業に係る研究開発費は、3,066百万円であります。

 なお、海外で販売されている機器についても、国内で開発を行っており、国内メンテナンス事業・海外メンテナンス事業についても、製品開発と不可分であるため、当事業に含めて記載しております。

(2) 国内ランドリー事業

 国内ランドリー事業に係る研究開発活動については、エネルギーや省水に対応する洗濯機・乾燥機・排水リサイクル装置、省人化やコスト低減に対応する自動化装置、リネン材の安全・安心に対応する殺菌システムなど多様化するユーザーニーズに応えるべく活動を行っております。

 当事業に係る研究開発費は、99百万円であります。

PR
検索